ストーカー事件の終焉は、ストーカーがあなたを諦めるか、あなたを殺すかのどちらか

ストーカー事件の終焉は、ストーカーがあなたを諦めるか、あなたを殺すかのどちらか

ストーカー行為の結末=無理心中です

ストーカー行為の結末はストーカーがあなたを諦めるか殺すかのどちらか

 

ストーカーの気持ちが運よく離れていってくれるか、残念ながら無理心中か・・・

 

なぜなら・・・逮捕されても半年たらずで出所してくるからです。

 

 

ストーカーが規制法の対象となる【つきまとい】などの行為を行い、

 

それでも相手の気持ちが、こちらに向くことがないと判断された時、

 

残念ながら共に「死」を選択するのです。

 

その時に、それを妨害しようとする者(例えば親や兄弟)がいる場合は、

 

殺害、もしくは暴行を加えます。

 

ストーカーは一様に、「殺すつもりはなかった」と供述しますが、

 

ナイフなどの凶器などを持って話し合いにむかっており、

 

話し合いが成立(自分の要求がみたされないものであれば)

 

殺害する(無理心中も辞さない)覚悟で家に侵入してくるのです。

 

ただの話し合いに来るなら、当然凶器を持参する必要などないのですから。

 

 

ストーカーは殺害する(無理心中)覚悟で家に侵入してくるのです。

家までやってくる相手(ストーカー)に対して、

 

こちらが対策できる防御策は

  • 警備会社(セコムやアルソック)を雇うか
  • 引っ越しするか

の2択しかありません!!

 

わたくしの場合はレンタルなら安いという理由でセコムと契約しました。

なぜなら、レンタルではアルソックよりセコムの方が何かと便利だったからです。

 

なぜ?防犯用品(防犯カメラや防犯ブザー)などがレンタルの方が便利かと説明すると、

 

上にも書きました通り、

 

最悪な結果、「引っ越し」を視野にいれなければならないからです。

 

 

防犯用品を買取してしまうと、もし引っ越ししなければならない時に、無駄になってしまうからです。
(一軒家でどうしても引っ越しができない時は買取の方が多少安いです。その場合はアルソックの方がお得)

 

ただし、たとえ一軒家に住んでいたとしても、身の危険を感じたら引っ越しするべきです。
(賃貸マンションなどを短期でも借りるなどして)


ホーム RSS購読 サイトマップ