元妻を殴り、母親刺殺…元妻の息子連れ去り逃走

札幌市ストーカー殺人元妻を殴り、母親刺殺、元妻の息子連れ去り逃走

札幌市52歳母刺され死亡 娘の元夫に殺人未遂容疑で逮捕状

ストーカー対策,名古屋,裁判,仮釈放,実刑判決,

2016年2月7日午後7時ごろ、札幌市豊平区福住2条10丁目の住宅で、

 

「母が刺された」と近所の住人を通じて110番通報があった。

 

警察官が駆けつけたところ、この家に住む大内真弓さん(52)が胸などを刃物で刺されており、

 

病院に搬送されたが死亡した。娘の由布子(ゆうこ)さん(23)も頭などを殴られて重傷を負った。

 

由布子さんが「元夫に襲われた」と話していることなどから、

 

北海道警は殺人未遂容疑で札幌市内に住む元夫白川秀一容疑者(30)の逮捕状をとり、

 

行方を追っている。現場は、観光地として有名な羊ケ丘展望台に近い住宅地。

 

 

 

道警幹部によると、女性は昨年1月、元夫の家庭内暴力などを理由に離婚。

 

その後、数回にわたって道警

 

「(元夫が)家に押しかけてくる」などと相談していた。

 

道警は【事件当日の7日】、
※警察の抑止力が無意味な事が証明されています

 

元夫に対し女性と接触しないよう電話で注意したばかりだった
※もしくは、これが引き金だったかもしれません

 

発表などによると、元夫は女性を殴った後に母親を刺したとみられ、

 

同署員が駆けつけたところ、母親は2階建て住宅の1階居間で倒れていた。

 

 

室内のテーブルの上には凶器とみられる包丁があったという。元夫は逃走する際、

 

女性の息子(1)を連れ去ったが、8日未明に親類宅で無事に保護された。
※もし、息子さんにも危害が及んでいたら取り返しがつきますか?

 

 

ストーカー犯罪はなくなりません!!


事件当時の状況について

 

「元夫が突然、バットを持って自宅に入り、母(真弓さん)を殴った」

 

と話していることが9日、関係者への取材で分かった。

 

道警は、殺人未遂容疑で指名手配している由布子さんの元夫で、

 

職業不詳白川秀一容疑者(30)=同区美園4の5=が、

 

事前に犯行を計画した上で凶器を持ち込み、

 

大内さん宅を訪問したとみて同容疑者の行方を追っている。

 

関係者によると、由布子さんは

 

「(白川容疑者は)台所にいた母をバットで殴り、母が通報しようと電話機に駆け寄ったところ、刃物で刺した」

 

などと証言しているという。

 

 

大内さん宅は当時無施錠で、同容疑者は室内にいた由布子さんにも殴りかかったという。

 

9日の司法解剖の結果、

 

真弓さんの死因は脳挫傷と判明。頭部には複数の殴打痕があり、

 

頭蓋骨を骨折していた。胸や腕にも刺し傷や切り傷があったが、いずれも浅かったという。

 

真弓さんの遺体のそばには包丁が残されていたが、バットは見つかっていない。

職業不詳、30歳だから、やってしまう結末

ガソリンかぶり車内に立てこもる

 

ストーカー加害者(行為者)30代が一番多い

 

札幌市豊平区福住の住宅で7日夜、

 

大内真弓さん(52)が殺害され、長女由布子(ゆうこ)さん(23)も重傷を負った事件で、

 

道警は10日午後4時40分ごろ、オホーツク管内美幌町の山中で、

 

殺人未遂容疑で指名手配された由布子さんの元夫で、

 

職業不詳白川秀一容疑者(30)=同区美園4の5=の身柄を確保し、逮捕した。

 

道警などによると、10日午後1時40分ごろ、町民から

 

「山中に不審な車が止まっていた」との情報提供を受け、

 

美幌署員が美幌町の美幌峠付近の山中で、

 

白川容疑者の黒いワゴン車を発見。車内に白川容疑者もいた。

 

 

署員が車から出てくるよう呼びかけたところ、

 

白川容疑者は体にガソリンをかぶり、車内に立てこもった。

 

道警は説得を続けていたが、ワゴン車に突入し、同容疑者を確保した。


ホーム RSS購読 サイトマップ